なんでカナガンは悪評が目立つようになったの?

なんでカナガンは悪評が目立つようになったの?

ドッグフードのカナガンってよく「あんまりよくないドッグフードだよ」とか「カナガンに騙されるな!」などのカナガンに対する悪評が目立っていると思うんですよね。

グーグルやヤフーなどで検索すると、「カナガンのステマ疑惑」やら「カナガンは怪しいドッグフード」といった感じの悪評サイトが出てきちゃうんですよね。

こういうサイト見ると、どうもこのような評価があると気になって買いたい気持ちになりませんよね。

まぁでもなんで、この評価をされているのかは気になるものです。

そこで、今回はカナガンの悪評をいくつかご紹介していこうかなと思います!

太りやすい

口コミや通販のレビューの中でいくつか、「太った」という口コミがありました。

太ったという口コミやレビューに対する理由になりゆるものは、カナガンに入っている成分のタンパク質の量と100gあたりのカロリーだと思います。

タンパク質やカロリーは、犬の成長や活動エネルギーとして重要な成分ではあるんですが、これを取り過ぎることで、まったく犬の体の中で消化されず残ってしまい、太る原因となっているのだと思うんです。

まったく食べてくれない

せっかく買ったのにまったく食べてくれないから、余ってしまって処分しないといけないという悪評をいくつか見かけました。

これの理由としては、カナガンに使っているお肉が良くないのかと思われます。イギリス産の鶏を使用されているようですが、この鶏肉との相性が悪かったという可能性があります。

ドッグフード自体のニオイがダメって子もたまにいるのでそれに該当しているかも知れませんね。

軟便になりやすい

なんでカナガンは悪評が目立つようになったの?

カナガンを食べさせると必ずじゃないけど、ときどき軟便になってしまって胃腸の調子が良くない時がある口コミもありますね

理由として考えられるのは、糞を硬くする原材料が使われておらず、糞が固まる前に排便してしまうので軟便の状態になる可能性がありますね。

ただ与えすぎによる軟便もあり得ますので、一概にカナガンによる軟便とは言い難いのも事実ですね。

まとめ

カナガンの悪評についていくつか紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

犬の体に影響する物が多いのですが、これらは犬の体調や環境、ドッグフードの与え方によって変わるので、絶対にこのようなことがあるとは言えないですね。

なので、合う合わない以前に食べさせてみないと、どうなるかはわからないですね。

それに、ある程度の対策をすることで犬の体に悪い影響を与えずに食べてもらうことができるはずなので、対策をすることも視野に入れて置いた方がいいですね。

それに今回取り上げたドッグフード自体が合わないこともありますので、その時は与 えるのはやめておきましょう。

Top